MAOLOG 007

長崎国バンド*FANTASYS COREの狩須魔緒が分裂トークする、バラバラ談話ゾーン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トム・ハンクス似のトム・ハンクソを見た。*ツアーおどろ記(5)

 N.Y.のブルックリンにあるサウスポー/SOUTHPAWというクラブは、地下にゆったりとしたレスト・スペースがあった。ここで何すんだァ?フフふ(ウスラ笑)。ウスラ笑うほどのソファアと絶妙なスペースがあった、イヤほんとマジで。腰掛けるトイレにはドアがなくて、なんとカーテン。これまたフフふ。しかし洗面所のペーパータオルが、手をかざすとセンサーが察知して、一枚ずつめくり降りてくるくらいの、珍しく清潔なクラブでさ。キャパでかっ!お客さま側のフロアは、大勢が、ハレホレ踊れるほど、ヒロ広~い。ステージは頭の高さより高いので、後ろの方の客にもよく見える設計だ。設計士にグッジョブ! 

サウスポー中

 おお、入ってる入ってる。まあ、ニューヨークでこんだけお客さんがいると、たいしたもんだよ、ファンタジーズ・コアも。

 この日は、セッティングの合間に、コメディアンの。ショータイムがあった。ニューヨークのピン芸人が、マシンガン・トークで毒舌系お笑いを連発。そういう構成は、長崎国でもやっているので、俺は好きだぜ。ただ、この日のコメディアン、トム・ハンクソは、アカデミーショー俳優のトム・ハンクスに似ていて、黙っておけば好感度バツグンなんだが、毒舌でも、下ネタが随所に絡んでてさ。しかもチャイニーズがどうだらこうだら・・・って人種別に、下ネタをいじるもんだから、しまいにゃ、中国系の女の子たちが、不機嫌そうな顔して、出て行ってしまった。

 おい、トム・ハンクソ!あの娘たち、ファンタジーズ・コアを見に来てたかもしれないのに、俺たちの出番前に帰っちゃったじゃないの。オマエ、よくも不快にしちゃったね。そういう芸風じゃ、まだまだ、M1グランプリもエンタの神様にも、予選落ちだ~よ~。

 トム・ハン【クス】似の、トム・ハン【クソ】のトークショー。もちろん、そのおもしろさが全部わかるわけないが、一応、可笑しそうなところは、英語なまりで、ワ~オ!とか言いながら、大声で笑っておいた。

 『ワ~オ!、ブッフ、シェー、アーハッハッハッハ・・・・、ジーザス!』ああ、みんなも笑ってる。オッケーオッケー、今のトコ、やっぱ可笑しいんだ。ハハハ、ハハハ。

 トム・ハンクソ、そういうときに限って、コックローチがどうたらと、ゴキブリ主人公のキモいネタで爆走中だった。コックローチと聞こえただけで、俺は笑うことにした。調子に乗った俺は、全くわからないところ、誰も笑ってないところで、実験的に大笑いしてみたくなった。みんな静かに聞いてる......今だ!

 『ワ~オ!、クエックエッ、アーハッハッハッハ・・、コックローチ!イチロー!マツ~イ!アーハッハッハッハ・・・キック・アス!んでもってマーベラス!』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 トム・ハンクソが、固まった。クソが固まった。矢継ぎ早のマシンガントークが止まってしまったのだ。俺の大声に話のノリを突然へし折られた、トム・ハンクソ君、ぼっくりリズム狂っちゃった。

 俺が、ニューヨークのピン芸人の、出世の勢いをつみ取った瞬間だった。

 ............... オ・マ・エが、俺たちの・中国系のお客を・いじるから、そんなことになるんだぜ!

 って、帰っちゃった中国・系の・女の子・達・は、はたしてファンタジーズ・コアの・客・だったのか。もしこのマオログを、ニューヨークで読んだら、電話してきてっ!えんりょせんでっ!ゆっくりしてってっ!やむちゃするっ?今日はやむとくっ?

*写真はNYはブルックリンのクラブ、サウスポーの店内。
photo by Laszlo. 08. Nov. 2006.


*つづく

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/27(日) 10:36:53|
  2. ツアーおどろ記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<音楽の父、バッハ。タバコの父、○○○。*ツアーおどろ記(6) | ホーム | クリーニング店の背中の入れ墨。◆モメしとけ!<2>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maolog007.blog96.fc2.com/tb.php/28-4a36cc63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MAO KARIS / 狩須魔緒

Author:MAO KARIS / 狩須魔緒
FANATASYS CORE/ファンタジーズコアのロックンロール・ジーザス。ポルトレーベル総裁。
http://www.fantasyscore.jp/
番組【BCD*POD】放電中。
http://www.fantasyscore.jp/bcdpod/

FANTASYS CORE商品

長崎アトム
長崎ブルース
Mind Conte’n’Roll
脱輪
その他の商品

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。